2022年 ≪ 道院長のちょっと ひとりごと ≫

◇このコンテンツは少林寺拳法グループ関連団体についてのコンテンツです

2022.1  ≪ ダーマ : 変化そして進化 ≫

 明けましておめでとうございます。拳士のみなさんは2022年の目標をたてられましたか・・・?

 開祖の志に触れ、技法に魅力を感じ、法縁によって導かれた同志と共に日々精進する・・。

 自分にとって一生に一度の『今・ここ』を大切にしていきたいと思います。

 ~感謝・合掌~

2022.2  ≪ ダーマ : 気づく ≫

 なかなか、コロナの拡大はおさまりませんね。

 スポ少の活動も制限され、子供たちだけでなく我々大人も行動が制限されストレスが溜まってくる頃です。でも、ここはじっと我慢するしかありません。今は陰の時代です。満月は新月になり、新月は満月になります。春夏秋冬は繰り返されます。      

 今を、滋養に富んだ大地を作る絶好の機会と捉えてみませんか。足踏みしている自分に気付けますか・・?

~感謝・合掌~

2022.3 ≪ ダーマ : 当たり前のことは当たり前でない ≫

 コロナ禍で稽古ができない・・・。今までは、拳士が道場に来てくれて当たり前、稽古ができて当たり前でした。稽古ができない今、自分が少林寺拳法の修練をとおして拳士を育てていると考えるのは、実は間違いであり、大きな勘違いであることに気付きました。

 それは、拳士がいない道場では、「教え」も「技法」もありません。拳士が集まり、共に修練することで喜びがあり、楽しさの中でお互いが成長していくことを忘れかけていました。

 肩肘を張らず、天地の法則に従い、自分を内観する良い機会と捉えたいと思います。

~感謝・合掌~

2022.4 ≪ ダーマ : 目に見えないものを観る ≫

 4月3日(日)、恒例のクリーンアップを実施しました。何人集まるか不安でしたが18名の拳士やご父兄の方々が参加下さいました。昨年は小雨決行でしたが、今年は快晴に恵まれ思いっきり走り回る(?)拳士達にうれしくなりました。また、公民館の方々からも感謝していただき二重の喜びになりました。

 さて新年度が始まりますが、それぞれに志を抱いて自分磨きをしてほしいと思います。「ろうそくが燃えるということは、それは芯がもえていること・・・・?」

 暖かくなり希望に満ちたこの時期、コロナに負けず自分の心に火をつけてみたいと思います。                               

~感謝・合掌~

2022.8 ≪ ダーマ : 気づく・今この時 ≫  

 少林寺拳法は他人と比較することはありません。・・・・?

 それは、他の武道やスポーツと違って勝ち負けを争わないからです。あるとすれば、昨日の自分と今日の自分、今日の自分と明日の自分です。

 開祖が創始された金剛禅は、釈尊の教えを底流にし、達磨大師が伝えたとされる易筋行により日々鍛錬することにあります。それは他との比較でなく自己を確立するための道だからです。

 それに気づくための修練が、日々の稽古の中にあります

~感謝・合掌~

2022.9 ≪ ダーマ : 潜在意識 ≫

 道院では毎回の稽古で、鎮魂行なるものを行います。聖句→誓願→礼拝詞→道訓→瞑目しての座禅行そして信条の唱和と続きます。釈尊の教えから始まり、日々の行動のあり方まで事細かに書かれています。少年部拳士達は、今では副読本を見ずに言えるようになりました。

 今は内容が分からなくとも潜在意識として心に刻まれ、将来きっと役に立つと信じます。 技法の稽古と同じく大事にしていきたいと思います。

~感謝・合掌~

2022.10 ≪ ダーマ : 社会に貢献す ≫

 『にかほ市スポレク祭』に参加することになりました。金剛禅の理念の一つに『社会に貢献す・・』という一文があります。これは金剛禅を創始された開祖(宗 道臣先生)が掲げたものです。少林寺拳法は単なる武道、スポーツでない、地域に貢献できる人を育てるための人づくりの手段であると明言されました。・・・・少林寺拳法を紹介をしながら『少林寺拳法で介護ができる』を予定しています。皆さんの反応が楽しみです・・・・。

~感謝・合掌~

 

 

 

 

 

いいね!>> いいね! 0人